十八世紀のフランス画家流、マクシミリアン・ロベスピエールの肖像、カルナヴァレ博物館、パリ

「私はフランス人として、国民代表者として、英国民が嫌いだと申します」!!!
ここでは、英国を悪く言うためではなく、革命者達の代表といえるRobespierre(ロベスピエール)について、彼の人間性の一端を知るために取り上げてみた。


ロベスピエール(Robespierre)
私はフランス人として、国民代表者として、英国民が嫌いだと申します。 (…)
一人の人間としてしか私は英国人に興味が無いのであって、そうなると、悪者達に服従せられているこんなに数の多い人たちを見るのが気がかりになっているのだと自白します。 (…)
私の奥ではこの悲しみがこんな大きいから、そんな治め方への憎みからこの国民へのを汲んだのだと自白します。


このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する