francois-vidit.com 御使用に当りまして

このサイトのアクセスは現在の以下の使用条件を完全に認証した上にすること。

いつでも、以下作者と表示されている者による変更の対象となることもある。

そのため、使用者達が、この使用事項をよく御読みになることに呼びかけています。

作者 (サイト作文、編集、出版、立案、設計、デザイン、作成) Françoisフランソワ VIDITヴィディ
このサイトは以下のコンテンツマネジメントシステム1から作成されました GravCMS
ホスティングサービスプロバイダー O.V.H.
ホスティングサービスプロバイダー本部の住所 : 2, rueルー Kellermannマーヌ 59100 Roubaix フランス

サイト内容が保証されていないこと[/color]

当ホームページに掲載されている情報の正確さについては万全を期しておりますが、作者は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

当ホームページの保守、火災・停電その他の自然災害及びウイルスや第三者の妨害等行為などの不可抗力によって、当ホームページによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害につき、作者は責任を負いかねますので御了承ください。

当ホームページは、予告なしに内容を変更又は削除する場合があります。あらかじめ御了承ください。

著作権、知的所有権

francois-vidit.comサイトの性質や特徴を表す、どんな形式のデータであれ、特に文書、デザイン、ロゴ、アイコン、画像、オディオ録音やヴィデオ資料、ブランド、ソフト、ダウンロード出来る資料を含めて、著作権によって守られている。

これらは作者や作者に使用を許したほかの所有者の明らか専用的な所有となっています。

その上、サイトあるいはサイトの一部の材料あるいは材料の一部を私からの明らかな前から持った許可を無しに複製、表す、普及、配布、変更、譲る、発売及び貸すことは出来ません。

個人使用の、紙で印刷されている複製しか、以下の使用条件にのみで、許されていません。

配布は無料であること、複製されている資料の完全性が守られていること(変更がなく、改ざんもなく)、読みやすい、明らかな、次の形を守る引用文: francois-vidit.comウエブサイトによる資料」。

複製権には許可と制限があります」。

そのほかの使用には、次のリンクで御問い合わせくださいませ。 御問い合わせ.

明らかに許されていない、あるいは以上に述べてある条件の使用は、知的所有権として刑法的な対象される著作権の障害や偽造となる使用とします。

ハイパーテキストリンク

francois-vidit.comへのリンクは、原則フリーです。

ただし、各情報においてリンクの制限等の注記がある場合には、この限りではありません。

リンクの設定をされる際は、francois-vidit.comへのリンクである旨を明示してください。

事前の御連絡は必要ありません。

リンクの設定をされる際は、当ホームページが他のホームページ中に組み込まれるようなリンクの設定はせず、必ず新しいウインドウが開かれるような設定でリンクしてください。

francois-vidit.comサイトへのハイパーテキストリンクの挿入。

作者は他のウエブサイトへリダイレクトするハイパーテキストリンクを挿入することがあります。

しかし、そのリンクを監視していないので、そのため、それらのサイトの内容、情報、サービスや提供する品物などの責任を負いかねますので御了承ください。

プライバシーと個人情報データ

プライバシーポリシ

一般的に、インターネットで私のウエブサイトを訪ねることに当って、個人情報やプライバシーを出さずに出来ます。

しかし、必要な場合、こういう情報が必要となる事もあります。

例えば、御注文を頂くや御連絡するために。

こういう目的のため、得られた情報が追加されることもあります。

このサイトで得られた個人情報はプライバシーを固く守る方法で使用されています。

反対意が無い場合、このサイトで得られた使用者の個人情報データは電子処理によって扱われています。

1978年1月6日に修正されたフランス共和国法2よって、サイト使用者は自分に関する個人情報データを見る、訂正、削除出来る権が認められています。

行使するには、次のメールアドレスへ書く事が出来ます: 御問い合わせ

クッキー

エイチティーティーピークッキー(単にクッキーとも表記される)は、エイチティーティーピー3おけるウェブサーバとウェブブラウザ間で状態を管理するプロトコル、またそこで用いられるウェブブラウザに保存された情報のファイルを指す。

ユーザ識別やセッション管理を実現する目的などに利用される。

しかし、得られた情報は限られています。

観覧されたページーの数、ウエブサイトとつながるアイピーアドレス4のある町の名前、訪れる頻度と回数、訪れる期間、プロバイダー社名、コンピューターモデル名、システム名と機能、ウェブブラウザ名と機能などに過ぎません。

適用法

当の使用条件はフランス共和国法律に定められているとします。

以上の条件に反するやその権利に障害をさせてしまう方に著作者は訴える権利の保有があります。

写真出典一覧

異様が特になければ、François VIDIT


  1. (英: CMS, Content Management System、コンテンツ・マネジメント・システム)は、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。 

  2. (仏: Loi Informatique et Libertés、「情報処理と自由法」という) 

  3. (英: HTTP, Hypertext Transfer Protocol、ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)とは、WebブラウザとWebサーバの間でHTMLなどのコンテンツの送受信に用いられる通信プロトコルである。ハイパーテキスト転送プロトコルとも呼ばれる。 

  4. (英: IP Address、Internet Protocol Address、インターネット・プロトコル・アドレス)、パケットを送受信する機器を判別するための番号である。 使用者の名前、苗字や接続する郵便住所の用な情報は得られていません。