François(フランソワ) ()(VIDITヴィディ)の公開鍵

コンタクトフォームから送られた情報を暗号化することが可能です。
そのためには、必要とされているものは:

  1. 暗号化ソフト——例えば、WindowsやMacOsだと、Enigmail、Androidだと、OpenKeychain、あるいはiOSだと、iPGMail——、
  2. 自分自身の鍵(いわゆる、公開鍵と秘密鍵の一式)——暗号化ソフトで作成が可能です——、
  3. 以下のFrançois VIDITの公開鍵
プロパティ 価値
主に使うユーザーID François VIDIT
鍵ID 0xF0C8F5328EA31A33
フィンガープリント 8F0A 44BE 2B1B 0F11 391B DF96 F0C8 F532 8EA3 1A33
作成日 16/09/16
有効期限
所有者による信用 絶対信用
アルゴリズム RSA
鍵長 4096
公開鍵
公開鍵を表示させるにはここにクリックください。

リファレンスマニュアルが自由に観覧できます:

暗号化作戦において働いている参考についてのもう少し一般的な情報として、ウィキペディア

コンタクトフォームを通して暗号メッセージを送信するには:

  1. メッセージを平易な形式で書くこと、
  2. 自分自身の鍵と、François VIDITの公開鍵と、暗号化ソフトでメッセージを暗号化させること、
  3. コンタクトフォームを使用して、暗号化されたメッセージの結果と自分の公開鍵を送ること。