4

6月

2016

自家製

この中国古代の文書で、「家」から「自分」を考えるのだとしているのが特徴。

家はもともと(ととの)っているのだ。

わが身の(こうお)(かたよ)っているから斉わないだけのことだ。

国はもともと治まっているのだ。

わが身の(こうお)が偏っているから治まらないだけのことだ。

天下はもともと泰平なのだ。

わが身の(こうお)(かたよ)っているから泰平でないだけのことだ。

(証学編)

引用:
小島毅、「朱子学と陽明学」、122貢

このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する