12

2月

2020

異邦人

通常では、異なる邦の人は「異邦人」ではありますが、ここでは、誰かに対して国が異なるのではない問答を紹介します。

お楽しみに!(作者は驚きですが)


— 誰が一番好きなのか、いってごらん、謎めいた人よ、父、母、姉妹、それとも兄弟か。
— わたしには父も母も、姉妹も兄弟もおらぬ。
— 友達か。
— あなたがお使いになっている言葉は、わたしには意味が今日に至るまで不明のままに残ったのだ。
— 祖国か。
— どんな緯度に位置付けられているかも知らぬ。
— 美しさか。
— 好きになっても良い、女神的死なぬもの。
— 黄金か。
10 — あなたが神が嫌いのと同じように嫌い。
— いったい何が好きなの」か、並外れた異邦人よ。
12 — わたしは雲々が好き... あそこに... あそこに... 通っている雲々、あのすばらしい雲々よ!

  


詩:
シャルル(Charles)()ボードレール(BAUDELAIRE)、「異邦人(L'étranger)」。
原文
日本語訳:
独自
(文書の御使用は「フランソワ(François)()ヴィディ(VIDIT) 訳」(リンクを含む)追加で可能としている)

このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する