フランス革命は、一つの出来事として紹介されていることが多いですが、自分から理解しようとすると革命自体がいろんな革命から形成されていることが見えて来ます。
そのなかで、ここでは、あまり知られていないロイヤル革命を紹介します。

このサイトのブログセクションでは、複数の記事でそれを少しづつ明らかにするつもりで出していますので、次のリンクで、その目次を見つけることが出来ます。

ロイヤル革命とは何か?

ロイヤル革命との呼称とは

この間、2005年4月でしたか、ジャン(Jean)(-)クリスチャン(Christian)()プティフィス(Petitfils)による「ルイ(Louis)十六(XVI)」という本がペラン(Perrin)社で出版されました。
ソ連邦の崩壊とそれにともなう東欧諸国家の共産主義からの脱却という当時の社会情勢下で、革命歴史の解釈を見直す風潮で、著者が述べるとその沿革をより「最新情報」を取り入れて、より「均衡的」にしていると修飾しています。

確かに出版時点で存在していた書物と比較すれば、革命対王国の立場からいろいろ堅くしない内容として、著者が密かに王国の立場にある程度偏っているにも関わらず、大きく言えば、そうであったのではないかと認められます。
特に風刺では、能力がなく、革命の画期的さを理解出来なかった人間だとの強い言われに対して、当時に例えば(La)()ペルーズ(Pérouse)の太平洋における航海に関する科学情報などに熱心であったなどから一流の価値観を身につけていて、アメリカ独立戦争の成功でアメリカ合衆国の誕生に欠かせない財政的、軍事的支援などの支持する役割を果した人として思い出させるべきだと予め述べたのがよかったと断言できます。

革命に直面する王の姿勢に関しても、殆んど触れない時期である1787年から1789年を改革の骨太さを示すことを強調するために革命の多重性をさらに引き立てるように「ロイヤル革命(la Révolution Royale)」と呼ぼうとしたのも適切だったでしょう。

日本では、そういった努力が無視されませんでした。
プティフィスの著書出版から3年間掛からない2008年に中央公論新社の出版が出ましたが、とても残念なことに、プティフィスの出張が通らず、大切な「ロイヤル革命」の概念がいつの間にか「王政改革」にすり替えられていました!
きっと大手会社の下請け体系の流通経路で行方不明になったのではないでしょうか。
(ルイ十六世の中央公論新社の正式な出版ウェブページーを見つけることは出来ませんでしたので、大手書物発売サイトへのリンクにしました)

それはそれで、実際、細かく検討すると、プティフィスが語るロイヤル革命が基本的に王国伝統の解釈を改める立場を沿って、距離感が取れているとは言いにくいのか、(こく)()()(もん)(かい)()での対立を語って、結局筋をややこしく思わせてしまうのかは明らかではないが、最初の目的であるルイ十六世の再評価が果されていることと面白い面があちこちに見受けられるにもかかわらず、読者を納得させる内容になっているとは残念ながら言えません。

特にテュイルリ(Les Tuileries)宮殿で無理矢理に済ませられてから、少しづつ状況が悪化している環境に囚われていて脱出する決意抱く王になると、話しが弱くなるとの印象をさせるようとなってしまいます。

よいと否定できない点としまして、今まで、そういった材料は日本語では存在してはなかったのであろうとです。

財政問題

アメリカ独立戦争

1776年9月25日、アメリカ独立戦争(the American War of Independence)中だった大陸会議(Continental Congress)ベンジャミン(Benjamin)()フランクリン(Franklin)サイラス(Silas)()ディーン(Deane)アーサー(Arthur)()リー(Lee)らを含む使節団がパリに発遣されます。

フランスの協力・参戦を求めるためにルイ十六世、ヴェルジェンヌ伯爵(le Comte de Vergennes)外務大臣やボーマルシェ(Beaumarchais)と交渉が行われた。  

結果としまして、表に、フランス政府からの軍事的援助の可能性は否定しながら、実際、多くの武器や弾薬の船積み、秘密の借金と内密の軍事援助が確実に行なわれるようとなりました。

それでイギリス軍がサラトガの戦い(the Battle of Saratoga)で敗北し、仏米同盟条約(le Traité d'alliance franco-américaine)が公に結ばれるようにして、フランスがアメリカ側に付いて参戦し、ロシャンボー伯爵(le Comte de Rochambeau)が率いる7000人の当時世界一の兵力を持っていたフランス王国派遣軍――後で特にナポレオン戦争でのその優秀性が明らかとなる――によって、ヨークタウンの戦い(the Battle of Yorktown)でイギリス軍が降伏させられて、イギリスはアメリカ合衆国の独立を認める[ヴェルサイユ宮殿][32]で結ばれたパリ条約(le Traité de Paris)で終戦されます。

ジャック・ネッケル財政

フランス王国としましては、海軍、陸軍にも及ぶ、遠いアメリカで行われている軍事行動を貢ぐには、当然増税が必要だったのに、1776年に就任した財務長官ジャック(Jacques)()ネッケル(Necker) が、王に、増税せずに、国家への信用に基づく終身定期金形の借金によって出費することが出来ると断言したため、財政が大幅に悪化します。

ネッケルは1781年にルイ16世によって()(めん)された後、1787年、財務総監として就任したカロンヌ(Calonne)が1786年8月20日に王に特権身分の免税を廃止して課税の平等を実現しようとする骨太い改革を提案します。

1787年2月、ルイ十六世はこの政策を実施するため、カロンヌの要請により、全国三部会(les États Généraux)ではなく、名士会(l'Assemblée des notables)を160年ぶりに召集します。

ロイヤル革命政策内容

特権身分の免税を廃止するには、特別な税金を完全になくして、既存だった資格、地位、性質などをなくしながら、農業、商業を改革させて、統一、合理的で現代的な国家を作り上げることまでが含まれていた。

そのため、王が、各地方の独特な伝統、習慣や特権も完全に廃止する予定でした。

種の商業の自由の成立のため、国内関税、塩税をなくして、数年に渡って王領を抵当に入れて、フランスの4分の3を含む身分制議会、国でも、都民議会、県議会と地方議会を作くる一方、特権を関係なく、地籍にだけ基づく所得税の均一を成し遂げる目標も含まれていました。

この政策によって、フランス教会の特別な資格や税金免除など完全になくす恐れを持っていました。実施されたら、各々修道会や聖職者らが地籍で測れる面積計算に従って、財産を見積もられて、皆と同じく所得税を逃れなくなります。

高等議会も地方議会に自分の主権の統一を成し遂げた首相に左右される政府に譲ることにも他ならないことを考えると、相当に保守的な力に抵抗していたことが明らかです。

そのため、まずは、王委員会で審議された時、意見が分かれてしまい、(近い内に続きを...)

このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する

コメントを追加する