カエサルによるレミ族

ユリウス(Iulius)()カエサル(Caesar)が自ら書いたとされている「ガリア戦記(Commentarii de Bello Gallico)」は現在フランスの過去に関して文字で書かれた史料として一番古いの中に数えられている。
この素晴らしい作品について、いろいろいうべきことがあろうが、ここでは作品全体としてではなく、現代のランス(Reims)市の名の元になっているレミ(Remi)族が現れる第2巻の前半の部分にだけ関心を寄せています。
以下の文書の引用がそれに限りますが、それでも文書の流れがよりよく分かるように、ちょっと前のと後の部分をも載せようとしました。
前の部分(第1第2章)では、ローマ軍のガリアでの進出に当っての状態が表れています。
第3章では、レミ族の(かしら)たちがカエサルに使節を派遣し、他のガリア人部族と違って、抵抗ではなく自らローマと協力するのを選択します。
それから(第4章から)軍事行動の描写に移って、エーヌ(Aisne)川の戦いの展開がローマ軍の視点で語られます。
固有名詞や位置関係を分かりやすくするために地図をも載せています。
レミ族がローマ軍の勝利によっていろいろローマ政権によくして貰うことになるのでした。ランス市がローマ帝国政権区分のベルギカ・セクンダ(第2ベルギカ州)の首都となりました。


ガリア戦記、第2巻

ベルギー全土が混乱

第1章 内ガリアにいたカエサルのもとにも何度となく噂は届いていラビエヌス(Labienus)が手紙でこのようなことを知らせてきた。 ガリアの第3の地域にあたると前述したべルガエ人たちがこぞってローマ人に対する反乱を企て、人質をやりとりしている。 反乱を企てている理由はこうである。まず、ガリア全域が平和になったので次は自分たちのもとに準備してくるもではないかと思ったため。 次に、一部のガリア人のそそのかされたため、一部の者はゲルマニ人がこれ以上ガリアに来るのは望ましくないと思っていたのと同じ理屈で、ローマ軍がガリアで冬営して古顔になっていくのも不愉快だと思っていたし、気まぐれや浅はかな思いから新しい支配者を求めていた者もいたのである。 また、ガリアでは他人より力のある者、人を集める力のある者が一般に権力を握ってきたが、ローマ人に支配されてはそういうわけにはいかなくなるぞ、とそそのかす者もなくはなかった。

カエサルの措置

第2章 そのような噂や手紙に心動かされたカエサルは、ガリア・キテリオルで新たに2個軍団を徴集すると、戦争ができる季節になるや、その2個軍団をガリア・ウルテリオルへ移動させるためにクィントゥス(Quintus)()ペディウス(Pedius)副司令を派遣した。 自分も(りょう)(まつ)の手配をするとすぐに軍のもとに行き、 セノネス族などべルガエ人の近くにいるガリア人に指示して、ベルガエ人のもとで起こってい ることを調べて報告させた。 全員が同じように、人手がかき集められ、軍が一所に集結していると報告してきたので、かくなるうえは晴踏せずべルガエ人のもとに行くべきだと思い、(ひょう)(ろう)の準備を整えると陣地を移動して、15日ほどでべルガエ人の領土に到着した。

レミ族は自分をローマの味方と宣言する

第3章 カエサルが意表をついて誰も予想していなかったほど早く来たので、レミ族というべルガエ人の中でもっともガリアに近い部族が、カエサルに使節としてイッキウス(Iccius)アンデコンボギウス(Andecombogius)という部族の第一人者を寄越して、こう言ってきた。 自分たちの身柄や財産はすべてローマ人の()()(ゆだ)ねる。 自分たちはほかのべルガエ人と結託したことはないし、ローマ人に対する反乱を企てたこともない。 人質を差し出す用意はあるし、命令に従い、街への受け入れや兵糧などの援助もしよう。 ほかのべルガエ人は全員武装している。 レヌス(Rhenus)のこちら側に住んでいるゲルマニ(Germani)人とも共謀しているのだが、全員頭に血が上っているため、スエシオネス(Suessiones)という自分たちの兄弟親戚にあたる(同じ掟、同じ法を使い、同じ支配者同じ(りょう)(しゅう)を共有する間柄の)部族を思いとどまらせて結託しないようにすることすらできなかった。

敵軍の列挙

第4章 レミ族にどの部族がどの程度武器を取れるのか、また戦争になったときの力はどうか(たず)ねたところ、このようなことがわかった。 多くのべルガエ人はゲルマニ人を先祖に持つ。 はるか昔にレヌス川を渡り、土地の豊かさゆえに現在の場所に定住すると、そこに住んでいたガリア人を追い払ったのだが、 父祖の記憶にあるようにガリア全土が戦乱に巻き込まれたとき、テウトニ(Teutoni)キンブリ(Cimbri)族の侵入を防げたのはこの者たちのみだったため、 そのときの記憶をもとに自分たちは非常に偉いと思い込み、軍事に多大な自信を持つようになってしまった。 また、べルガエ人の数についてはすべて調査済みであると言って、このような話もしてくれた。 自分たちは、近所のことでもあるし婚姻によるつながりもあるので、べルガエ人の合同会議で誰がどれほどの人数をこの戦争に出すと約束したか知っている。 そのうち、武勇や権威、人数の点で最強の部族はべロウァキ(Bellovaci)族である。 彼らは武装した者を第100 000人章集めることができるのだが、()り抜きの六万人を約束するかわりに、戦争全体の指揮権を要求している。 スエシオネス族という自分たちの隣人は最大の領土と、もっとも()(よく)な畑を持っている。 その王は、ローマ人の記憶ではディウィキアクス(Diviciacus)という、ガリア全体でもっとも権勢があり、この地域の大部分のみならずブリタンニアの支配権をも持っていた男だったが、現王はガルバ(Galba)である。 所有する街の数は12で、武装した者5 000人を約束している。 同数を約束しているネルウィイ(Nervii)はベルガエ人の間でももっとも野蛮とみなされている。 またもっとも遠くにいる部族でもある。 アトレバテス(Atrebates)15 000人アンビアニ(Ambiani)10 000人モリニ(Morini)25 000人メナピイ(Menapii)9000人カレティ(Caleti)10 000人ウェリオカッセス(Veliocasses)ウィロマンドゥイ(Viromandui)もこれと同数。 アドゥアトゥキ(Aduatuci)19 000人10 コンドルシ(Condrusi)エブロネス(Eburones)カエロシ(Caeroesi)パエマ二(Paemani)といったひとくくりにゲルマニ人と呼ばれる者たちが40 000人ほどと考えられている。

ヴェルサイユの大トリアノン宮殿にある、ルネ=アントワーヌ・ウアス、《ミネルヴァとテイレシアス》絵画
手前に見えるミネルヴァが真ん中にいるテイレシアスを見えなくさせている

ディウィキアクスはべロウァキ族を攻撃する。カエサルはエーヌ川を渡る

第5章 カエサルレミ族を勇気づけ、寛大な言葉をかけると、長老を全員呼びつけ有力者の子供を人質として差し出すよう命じた(これは万事抜かりなく期日までに行われた)。 また、自らハエドウイー族のディウィキアクスをしっかり激励しながら、こう言った。 ローマのみならず全員の安全のために重要なのは敵の軍隊を分散させることである。 これほどの大軍と一度に衝突することがないようにしなければならない。 そのため、ハエドゥイー族には軍をべッロウアキー族の領土に進めて彼らの畑を(りゃく)(だつ)してもらいたい。 そのような指示を与えてディウイキアクスを送り出すと、べルガエ人の全軍が一ヶ所に集まって向かってくるのを見つけた。 送り出しておいた斥候(せっこう)レミ族からもすでにべルガエ人はさほど遠くないところまで来ているという報告があったので、急いで軍にアクソナ(Axona)というレミ族の領土の(はず)れにある 河を渡らせると、そこに陣地を築いて陣の片側を河岸で固め、背後にあるものを敵の手から守り、レミ族などからの物資が安全に運び込まれるようにした。 この河には橋がかかっていたが、そこにも守備隊を置き、対岸にはクィントゥス・ティトゥリウス・サビーヌス副司令率いる六個大隊を残しておいた。 また陣地は高さ一二フィートの土塁と一八フィートの壕で囲むようじた。

ビブラクスの包囲を解かさせる

第6章 この陣地からレミ族ビブラクス(Bibrax)という街までは八マイルの距離だったのだが、べルガエ人は道すがらその街に猛攻撃をかけ始めた(かろうじてその日は持ちこたえた)。 ガリア人もべルガエ人も街の攻め方は同じで、大勢の者で防壁をぐるりと取り囲むと石を投げ始め、防壁から守備隊を一掃すると亀甲陣を作って門を乗り越え、あるいは壁の下を掘り進むのだが、 今回あっけなく守りを崩されたのはあまりにも多くの者が石や飛び道具を投げてきたので、防壁の上に留まっていられる者がいなかったためである。 夜が来て攻撃が終わると、レミ族でもっとも家柄がよく声望もある人物で、当時のビブラクス総督であり、カエサルのもとに講和の使節として来た者の一人でもあるイッキウスカエサルに使者を寄越した。 援軍を送ってもらえなければもう持ちこたえられそうにないとのことだったので、

第7章 夜のうちにイッキウスが使者として送ってきた者たちを道案内として、ヌミディア(Numidia)クレタ(Creta)の弓兵と、バレアレス(Baleares)の投石兵を住民の救助に向かわせた。 援軍が到着すると、レミ族は守り切れる希望がわいたので士気が上がり、敵の方は同じ理由から街を奪いとれる希望がなくなったので、しばし街の近辺に留まってレミ族の畑を荒らし、手当たり次第に村や建物を焼いてから、全軍でカエサルの陣地に向かい、二マイルも離れていないところに陣地を築いた この陣地は煙や火から判断すると八マイル以上もの長さがあった。

エーヌ川の戦い

第8章 カエサルは当初敵も多いし並々ならぬ武勇の噂も聞いていたので戦闘を差し控えることにしたのだが、 それでも毎日騎兵戦をして、敵の武勇がどれほどのものか、またローマ軍がどこまでできるか試しているうちに、ローマ軍も劣っているわけではないことがわかった。 陣地の前の地形が布陣するのに適していたので(陣地を築いた丘はまわりの平地から少々高くなっていたのだが、正面には布陣した軍を収容できるほどの幅があったし、両側は急な坂になっていたものの、正面の傾斜はゆるやかでなだらかに平野へと降っていたのである)、丘の両側からそれぞれ直角に400複歩ほどの壕を掘ると、 その壕の終端には砦を作って(しゃ)(しゅつ)()を設置し、布陣したとき、数の多さを頼りに側面から襲いかかる敵に包囲されてしまうことのないようにした。 それを済ますと、最近徴集した二個軍団を陣地に残して必要なときには援軍に出せるようにし、残りの六個軍団を陣地の前に配置した。 敵も同様に軍を陣地から出して隊形を整えた。

第9章 両軍の間には大きくはないが沼があった。 敵はここをローマ軍が渡ってくるものと思って待ちかまえていたし、ローマ軍も敵が渡り始めて身動きがとれなくなったところで襲いかかろうと武器を構えて準備していたのだが、それを尻目とも沼を渡ろうとはしなかったし、 騎兵戦はローマ軍が優勢だったのでカエサルが軍を陣地に引き上げると、 敵はすぐにそこから前述の通りローマ軍の陣地の裏手にあるアクソナ川の方へと急ぎ 浅瀬を見つけると軍の一部を渡らせようとした。 これは、できればクィントゥス・ティトゥリウス副司令が指揮する砦を襲って橋を壊し、 それが無理ならレミ族の畑を荒らし、物資を遮断したかったためだが、

第10章 カエサルティトゥリウス(Titurius)から報告を受けると、すべての騎兵、ヌミダの軽装兵、投石兵、弓兵に橋を渡らせて敵のもとへ急いだ。 激戦になったが、ローマ軍は河で身動きのとれなくなっていた敵を攻撃して多数を殺し、 大胆きわまりないことにその屍を乗り越えて渡ろうとする者たちは多数の飛び道具で撃退した。 また、先に渡り終えていた者は騎兵で取り囲んで殺した。 敵は街を攻撃する望みも河を渡る望みも(つい)えたのを知り、ローマ軍が不利な場所に出てきて戦うこともしないとわかった。 自分たちの兵糧も不足してきたので、会議を開いてこのような結論を出した。 それぞれの故郷に戻るのがいちばんである。 万一ローマ軍が侵入してきたらすぐにそこを守るべく各地から集まることにしよう。 よその土地で戦うより自分の土地で戦う方が(ひょう)(ろう)についても自分たちの蓄えを使えてよいだろう そのような結論に至ったのは、ディウィキアクスが率いるハエドゥイ族がべロウァキ族の領土に向かっていると知り、もっと粘ろう、仲間を助けに行くのはよそうというわけにはいかなくなったからでもある。

第11章 そう決まると、敵は第二夜警時に騒々しい物音を立てながら(おお)(あわ)てで陣地を出ていった。 ろくに統制もとれておらず、誰もが我先にと故郷に向かったのでまるで夜逃げのようだったし、 その様子はカエサル斥候(せっこう)を通じてすぐに知ったのだが、伏兵の恐れもあったので(なぜ退却するのかはまだわかっていなかったのである)、軍も騎兵も陣地に留めておいた。 夜が明けて、斥候(せっこう)を通じて事情を確認すると、敵のしんがりを足止めするべく騎兵の全軍を先発させ(これはッィットッス・ペディウス、ルーキウス・アウルシクレイウス・コッタ両副司令 に任せた)、ティトッス・ラビェーヌス副司令にも三個軍団を連れて後を追うよう命じた。 この者たちは敵のしんがりに襲いかかると、何マイルも追撃して、逃げ出した敵を大勢殺した。狙われた敵軍のしんがりは立ち止まってローマ軍の攻撃に勇敢に立ち向かったのだが、 先行していたおかげでまだ大丈夫だと思い込み、必要に迫られたり命令を受けることもなく統制がとれていなかった者たちは、(かん)(せい)が聞こえてくると列を乱し、逃げて身を守ろうとしたので、 ローマ軍は何の危険を感じることもなく日の出ている間に大勢の敵を殺せたのである(彼らは日没になると追撃をやめて、命じられていた通りに陣地に戻ってきた)。

スエシオネス族、ベロヴァキ族、アンビアニ族が服従して、カエサルがネルウィイ族の地へと渡る[/color]

第12章 翌日、カェサルは敵が恐怖心や敗走の痛手から立ち直る前にレミ族の隣人であるスェシオネス族の領土に軍を移動し、強行軍でノウィオドゥヌム(Noviodunum)という街に向かった。 行軍を終えると守備隊がいないと聞いていたのであるから、街を攻略しようとしたのだが、壕が広く防壁も高かったため、守備隊が少なかったにもかかわらず街を落とせなかったので、 陣地を築くと、作業小屋を移動させながら攻城戦に使うものの準備を始めた。 そうこうしているうちに逃げ出していたスエシオネス族が全員その夜のうちに街に戻ってきていたのだが、 あっという間に作業小屋が街へと押し寄せ、攻城用の土手をかけられ、檜が組まれるという工事の大がかりさ(ガリア人には見たことも聞いたこともないほどの工事だったのである)とローマ人の手早さに動転して、カエサルのもとに降伏の使節を送ってきた(この者たちはレミ族の仲介があったので存続を許された)。


註釈

ラビエヌス

ラビエヌス(Labienus)は、共和政ローマ期の軍人、政治家である。 ガイウス・ユリウス・カエサルの盟友であり、ガリア戦争では総督代理(レガトゥス)としてカエサルを支えたが、ローマ内戦ではカエサルと敵対した。 さらに詳しく ⮣

ガリアの第3の地域 ガリア・キテリオル

ガリア(Gallia)()キテリオル(Citerior)。現在のイタリア半島北部。「ガリアの第3の地域」、あるいは、ガリア(Gallia)()キサルピナ(Cisalpina)とも呼ばれている。「キテリオル」は「こちら側」との意を示していて、「こちら側のガリア」。


クィントッス・ペディウス

クィントッス(Quintus)()ペディウス(Pedius)はカエサルの甥。 内乱時代もカエサルに付き従い、紀元前43年には執政官となっている。

セノネス族

セノネース(Senones)族は現在のサンス(Sens)近郊に住んでいたと考えられている。

ガリア・ウルテリオル

ガリア(Gallia)()ウルテリオル(Ulterior)は現在のアルプスの西側・北側。ガリア(Gallia)()トランサルピナ(transalpina)とも呼ばれている。「ウルテリオル」は「向こう側」との意を示していて、「向こう側のガリア」と、「ウルテリオル」は「向こう側」との意を示していて、(アルプス)の「向こう側のガリア」である。

レミ族

レミ族は現在のランス(Reims)近郊に住んでいたと考えられている。

レヌス川

レヌス(Rhenus)河は現在のライン川です。

ゲルマニ人

ゲルマニ人はラテン呼称。ゲルマン人

スエシオネス族

スエシオネス族はソワソン近郊に住んでいたと考えられている。

テウトニ族

テウトニ(Teutoni)族はラテン呼称。テウトネス族

ベロヴァキ族

ベロヴァキ族は、57年にユリウス・カエサルによって征服された現在フランス北東部、オワーズ(Oise)の西岸、ボーヴェ(Beauvais)近郊の部族で、ガリア(Gallia)()ベルギカ(Belgica)にあった最も強力で多くの民族の中にあった。  

ディウィキアクス

スエシオネス族のディウィキアクス(Diviciacus)は次の章に出て来るハエドゥイ族のディウィキアクスとは別人と考えられている。

ガルバ

ガルバ(Galba)は公正で分別があることから戦争全体の指揮権を全会一致で任されている。

ネルウィイ族

ネルウィイ(Nervii)族はカンブレー(Cambrai)近郊、

アトレバテス族

アトレバテス(Atrebates)アラス(Arras)近郊、

アンビアニ族

アンビアニ(Ambiani)族はアミアン(Amiens)近郊、

モリニ族

メナピィー族

メナピイ(Menapii)族はマース川(Maas)スヘルデ川(Schelde)の下流域、

カレティ族

カレティ(Caleti)族はコー(Caux)近郊、

ウェリオカッセス族

ウェリオカッセス(Veliocasses)族はルーアン(Rouen)近郊、

ウィロマンドゥイ族

ウィロマンドゥイ(Viromandui)族はノワイヨン(Noyon)近郊、

アドゥアトゥキ族

アドゥアトゥキ(Aduatuci)ブリュッセル(Bruxelles)を中心とするブラバン(Brabant)地方南部、

コンドルシ族

コンドルシ(Condrusi)族はアルデンヌ(Ardennes)近郊、

エブロネス族

エブロネス(Eburones)族はマース河ライン河に挟まれたランブール(Limbourg)地方、

カエロシ族

カエロシ(Caeroesi)族はリエージュ(Liège)近郊、

パエマ二族

パエマ二(Paemani)族はマルシュ(Marche)(-)アン(en)(-)ファメンヌ(Famenne)近郊に住んでいたものと考えられている。

アクソナ川

アクソナ(Axona)河は現在のエーヌ(Aisne)河に相当。

個大隊

大隊の定数は600名。小隊6個分、中隊3個分である。なお、1個軍団は10個大隊からなる。

ビブラクス

ビブラクス(Bibrax)は現在のラン(Laon)に当たる。

亀甲陣亀甲陣は密集隊形のひとつで、正面だけでなく、側面や頭上も楯で覆い隠すようにする。

亀甲陣

亀甲(きっこう)(じん)は密集隊形のひとつで、正面だけでなく、側面や頭上も楯で覆い隠すようにする。

レミ族族でもっとも家柄がよく声望もある人物で、当時のビブラクス総督であり、カエサルのもとに講和の使節として来た者の一人でもあるイッキウス

イッキウス

文書の先に「レミ族族でもっとも家柄がよく声望もある人物で、当時のビブラクス総督であり、カエサルのもとに講和の使節として来た者の一人でもある」と修飾されている(6・4)。

ヌミディア人

ヌミディア(Numidia)は現在のアルジェリア北東部周辺に当たる。 さらに詳しく ⮣

クレタ人

クレタ(Creta)クレタ島のこと。

バレアレス人

バレアレス(Baleares)はスペインのバレアレス諸島のこと。

ティトゥリウス

ティトゥリウス(Titurius)副官(レガトゥス)として、この戦いでは南岸の陣地を守った勲功を挙げた。バレアレス諸島のこと。

ノウィオドゥヌム

ノウィオドゥヌム(Noviodunum)はスェシオネス族の城塞都市(オッピドゥム)。現在のエーヌ(Aisne)県のソワソン(Soissons)の近郊にあるポミエ(Pommiers)村に当る。

作業小屋

作業小屋は城攻めのときに工兵を飛び道具から守るために使われた差掛小屋のこと。城壁まではころで動かしていた。

このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する