ミカエルとの名

大天使と名について

大天使の「ミカエル(Michael)」とモン(Mont)()サン(Saint)(-)ミシェル(Michel)の「ミシェル(Michel)」は発音でも、よく似ています。
ここでは、相互関係を明らかにします。

明治維新時代の日本カトリック教徒たちには、「大天使ミシェル」でした

明治維新の日本では、新政府が信仰の自由を認めて、カトリック教会のローマ教皇庁はフランスに本部を置くパリ外国宣教会(Missions Étrangères de Paris)に日本への宣教師派遣を依頼したため、カトリック教徒たちには、フランス語なりの発音である「大天使ミシェル(Michel)」として知られました。

新共同訳によって、正式に公に「大天使ミカエル」となりました

20世紀後半以降、近代以降の教会一致運動(エキュメニズム)の流れに沿って、それまで異なる聖書を用いてきたカトリック教会とプロテスタント諸派世界各国で共同して聖書の翻訳に取り組んだ。
日本でもこの流れを受けて超教派のメンバーからなる翻訳委員会が結成され、まず1978年に共同訳聖書(新約のみ)を世に問うた。
しかし、共同訳聖書は「イエスス」「パウロス」などの固有名詞の原音表記主義や、翻訳が意訳すぎて従来親しまれた言葉が消えてしまったなどのために評判がよくなく、あまり受け入れられなかったため、新たな共同訳聖書の翻訳が行われた。
これが新共同訳聖書である。
その中では、大天使は英語の発音に属する「大天使ミカエル(Michael)」として呼ばれるようとなりました。

その意味とは

時代によって、呼び名が異なってきましたが、指されているものは今も昔も一緒です。

元々は聖書の原文であるヘブライ語での大天使の名は「 מיכאלミッハエル 」となっています。
ここでは、カタカナでの音の書き直しは、国際音声記号で「Mîḵā’ēl」との発音に値することは、なかなか適するのはないため、次のヘブライ語での発音の録音を用意しました。

「神に似たるものは誰か」との意味の名

מיכאלミッハエル 」とのヘブライ語を分析しますと:

khā ēl
誰か 似たる
結果:
似たるもの誰か

との意味になります。
異常に恐ろしい天使だと断言できます。

大天使ミカエル山、 モン・サン=ミシェル

大天使ミカエル山

モン(Mont)()サン(Saint)(-)ミシェル(Michel)」を分析しますと:

Mont Saint Michel
聖なる ミシェル
聖なるミシェル」は大天使ミカエルなので、結果は:
大天使ミカエル

との意味になります。

このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する