Sint-Janshospitaal

聖ヨハネ施療院

1150年頃に設立されたヨハネ施療院は、ブルージュ(フラマン語では、ブルッヘ)で最も古い慈善施設の一つです。
病院は、19世紀半ばまで患者や寝耳、旅行者を歓迎しました。 この間ずっと諸修道男女士がそこに暮らして働いていました。 施設が現在私たちが知っている寸法となったのは、13世紀と14世紀の初めに行われた増築工事によってです。

もともとは病院の委員達は、市奉行政権を代理する菅士達に管理されていた、世俗的な男女共同体でした。 しかし、1459年にトゥルネー司教のジャンJean シュヴロCHEVROTに署名した憲章が、共同体を聖アウグスティヌス戒律に従う修道会に変更させて、そうして市からフランドルのブルゴーニュ公爵宮廷政権の利益になるように除外されました。 市奉行との和解書が、1463年に管理分担を決め、不動産の所有権や様々な特権、例えばクラアンプラツ(クレーンの広場)でのワインの積荷の測定、ウナギの釣り、体重の校正、量りの権利、患者の財産の相続権などを保証して来ます。

15世紀では、修道男士達が計理士の協力を受ける主人によって管理され、修道女士達が主婦と布団担当修道女士にでした。 そして、今日では初期フランドル画家の最も重要の一人と見なされているハンス・メムリンクに洗礼者ヨハネと福音記者ヨハネの三連画と、もう少し小さ目の二個と、有名な聖ウルスラ聖遺物箱を依頼します。

1839年に、修道女士達は建国したばかりのベルギーの最初の公衆美術館の一つの設立に参加しました。彼女らの柱頭部屋は展示会場に改装されました。 19世紀では、主にイギリスから多くの旅行者や芸術愛好家がメムリンクの諸作品をここに観賞しに来ます。 メモリンク美術館は、15世紀末期に代表的になっている栄光の中世の懐かしさを育て、今なお続いている文化愛好者達の流れを引き寄せます。

1958年以来、旧ヨハネ施療院は、現在のところでは世界で最も大きなメムリンク作品のコレクションの一つを展示していて、その中、芸術家が署名して日付を記した唯一の二個の絵画を含まれています。


このテキストの内容を改善したい場合、以下のリンクからテキストの変更を提案出来ます。 このページーを編集する